↓↓もっとすごい記憶術はこちら

記憶術のコツ

記憶術のコツ

コツとしては、できるだけつなげるものどうしを”ぴったりくっつけること”です。
ぴったりくっつけることが難しいなら、ストーリーや大げさな出来事によってつなげ
ます。

たとえば、魚と電柱を結びつけるときに・・・
「魚が電柱をじっと見つめた」では駄目です。
魚と電柱の間に距離ができてしまいますので、つながりが薄くなってしまいます。


「魚が電柱にぶつかった」
「魚が電柱を滝登りした」
「魚が電柱に住んでいる」
などのようにつなげるものどおりをぴったりくっつけましょう。

ぴったりくっつけるのが難しく思えたときは、「魚が水鉄砲で電柱を倒した」みたい
に大げさにすればつながりが強固になります。できるだけ面白い想像をしましょう。
ストーリーまで作れれば、もちろんより効果的ですが、無理に作ることはありません。
それよりも、映像をありありと見ることです。

最初は単語20個ぐらいで疲れてくるでしょうが、ちょっと慣れてきたらどんどん数
を増やして、 どんどんスピードアップしていきましょう。