↓↓もっとすごい記憶術はこちら

変換記憶術のやり方

「債権者が債務者から取り立てる」という法令は、

債権者→酒屋のオヤジ
債務者→恋人の美子さん
債権→酒
取立て→ぶん殴る
と置き換えた場合、「酒屋のオヤジが恋人の美子さんをぶん殴る」と覚えられます。

またこの場合、

債権の効力→酒の効き目
債権の種類→酒の種類
というふうに応用がききます。

複合的な用語も以下の要領で覚えられます。

金銭債権→ビール(瓶に貼ってあるラベルをお札に置き換える。)
条件付債権→梅酒(梅酒は梅という条件付のお酒。)
任意債権→焼酎(焼酎を飲む、飲まないは任意である。)
選択債権→ワイン(赤ワインにするか白ワインにするかは選択次第。)