↓↓もっとすごい記憶術はこちら

連想記憶術のやり方

連想記憶術(リンク法)で結合させて覚えます。以下はその一例です。

・ワイシャツ(01)を鬼(02)が着ると、小さくなって豆(03)になってしまいました。

・豆をくわえた鷲(04)は、リンゴ(05)の家に持ち帰って食べました。

・リンゴの家の窓(06)のところに、マッチ棒(07)がたくさん落ちていたので、ラッパ(08)にキュウリ(09)をぶら下げて、みんなで銃(10)で撃ちましたが、医院(11)勤務の人が一番上手でした。

・そこへ勤務医院の人が飼っている犬(12)が椅子(13)をくわえて帰ってきました。

・その椅子には石(14)をまぶした上にイチゴ(15)がのせてありました。

・イチゴをいろり(16)で煮ていたら、その下から鳴き声が聞こえるので、掘り起こしてみると、ヒナ(17)がでてきました。

・ヒナを岩(18)の上に置き、インク(19)と交換しました。

・インクを庭(20)にまきちらし、その上でブイ(21)を転がして遊びました。

・ブイが割れて、富士山(22)が現れ、兄さん(23)が降りてきました。

・兄さんがおみやげのニンジン(24)を出すと、猫(25)が持って行って、風呂場(26)で食べました。

・風呂の中を泳いでいたフナ(27)が双葉(28)を吐き出すと、肉(29)の上に落ちて根を張ったので、そのまま飾っておくことにしました。

・それで今晩は肉をやめてサンマ(30)を焼きました。

・すると、腹からサイコロ(31)が出てきたので、札(32)で拭いてきれいにしました。

・その札を丸めて耳(33)に入れたら、反対側から写真(34)が出てきて、水の中を沈んで行き、サンゴ(35)の上に引っかかりました。

・潜ってサンゴをへし折ったサムライ(36)は、港(37)に上がり、宮(38)に奉納しました。

・宮の後ろの桜(39)の木を抜いて、島(40)に移して植えました。

・島にはスイカ(41)がたくさんなっていましたが、その一つをコンコンと叩くと、中から詩人(42)が生まれてきました。

・詩人は大きくなって、遠くから嫁さん(43)をもらいましたが、獅子(44)を一緒に連れてきたので困りました。

・暴れん坊の獅子が信号(45)に体当たりすると、遠くへ吹っ飛んで行きました。

・信号機が飛んでいって、城(46)をメチャクチャに壊し、砂(47)の山になってしまいました。

・砂の山にはシワ(48)があり、シワのところを掘り返すと、洋服(49)が出てきました。

・洋服にゴマ(50)をふりかけました。

・洋服にゴマをふりかけると、碁石(51)になってしまいました。

・碁石をつかんでゴジラ(52)に投げつけると、ゴミ(53)を吐き出しました。

・ゴミを腰(54)にぶら下げて、ゴーゴー(55)を踊りました。

・ゴーゴーを踊っていると雷(ゴロゴロ)(56)が鳴って粉(57)が降ってきたので、小屋(58)の中に非難しました。

・小屋の中ではコック(59)さんがローマ(68)の料理を作っていました。

・ローマの料理をロビー(61)に配膳しておいたら、そばにあったろう人形(62)が熱で溶けて、中からムササビ(63)が出てきました。

・ムササビが体を広げると、虫(64)がたくさん飛び出して、婿(65)さんに襲いかかりました。

・婿さんはボロボロになった服を着替えて、ムームー(66)を着ました。

・ムームーからはみ出した胸毛(67)をロバ(68)がむしり取って食べました。

・それからロバは火を吹き、ロウソク(69)に明かりを灯しました。

・ロウソクの火で縄(70)をあぶると硬くなって、ナイフ(71)になりました。

・ナイフを一生懸命研いでいると、いつの間にか夏(72)になって、大きな波(73)が押し寄せました。

・波が引いた後には、梨(74)の木がたくさん生えて、七五三(75)の子供たちが取って食べたところ、死んでしまいました。

・人々がナムアミダブツ(76)と念仏を唱えていると、父(77)はいたたまれず納屋(78)に入って泣きました。

・納屋の中には地球(79)のボールがありました。

・地球のボールにある山(80)が噴火して灰(81)が噴出し、積もった灰の下からワニ(82)が這い出してきました。

・ワニはハサミ(83)で橋(84)を切り落としていきました。

・落とした橋の代わりに箱(85)を置いて向こうへ渡ると、宿(86)があって、中に入ると花(87)でいっぱいでした。

・たくさんの花の中から母(88)が現れて、一緒に野球の大会に出ました。

・野球に勝って賞品のクレヨン(90)をもらうと、それで杭(91)をカラフルに塗りました。

・そして杭を靴(92)で踏みつけると、簡単に沈んで替わりに草(93)が伸びてきました。

・草を摘んでくし(94)を染め、空港(95)に持って行って売りました。

・ところが空港が突然、真っ黒(96)になって何も見えなくなり、手探りで歩いていると、口(92)をクワ(98)で切ってしまいました。

・クワを切って大怪我をしたので、救急車(99)で運ばれていきましたが、急ぎすぎて大きな桃(99)に衝突してしまいました。

この0〜100までの数字とイメージの結合を使って、覚えたい数字をイメージに置き換え、さらにそれらをリンク法で結合させて覚えます。

たとえば1415926535(円周率)の場合、「石(14)の上にイチゴ(15)を置いて靴(92)で踏み潰すと、婿(65)さんが来てコラーと怒りました。婿さんの家にはサンゴ(35)が飾ってあり・・・」といった具合に覚えていきます。
タグ:記憶術