↓↓もっとすごい記憶術はこちら

記憶術・暗記術―ビジネスでも使えるプロの落語家を目指した時に使った大量記憶術(1)

今日のビジネスでも使えるプロの落語家を目指した時に使った大量記憶術(1)に関する動画です。

記憶することを覚えて勉強に役立て
人生の難関を乗り切って行きましょう。

記憶術や暗記術に関する動画を紹介しています。

今日の動画も役にたちますよ。




記憶術のやり方:導入

  目的を明確にすることが大切。
  これは、私の意見ではなく、また、受験だけのことではなく、
  人生で成功するために、必ず必要なことです。

  「目的を明確にする?そんな言葉は聞き飽きたよ!」
  あなたは、そうおっしゃるかもしれません。
  しかし、私がお伝えしているのには、
  ちゃんとした理由があります。

  ノートの取り方について考えてみます。

  綺麗に蛍光ペンを使い、定規を使用して表を書く・・

  そのような綺麗なノートを作っていらっしゃる方も
  いると思います。
  では、その綺麗なノートの目的は?

  「目的は?」
  このように聞かれても、困るかもしれませんね。
  質問を変えます。

  「そのノートを作成することで、得たい結果は?」
  この質問に明確に答えられるでしょうか?

  ・きれいに作成したほうが、記憶に残りやすいから
  ・きれいに作成したほうが、復習の時に楽だから
  
  このように、得たい結果として、

  ・記憶に残りやすい
  ・復習が楽

  があるとします。
  ここからが非常に大切なことなのですが、
  その、得たい結果を達成できているでしょうか?

  つまり、きれいなノートを作成することによって、
  本当に、

  記憶に残りやすいのでしょうか?
  復習が楽になったのでしょうか?

  あなたは、ちゃんと

  【達成できているかどうか?】

   を、確認していますか?

  綺麗なノートを作成することにより、
  得たい結果(目的)が、

  ”復習が楽になること”だとしましょう。

  でも・・・
  もしも復習をほとんどしていなかったら、
  きれいなノートに費やした時間は無駄になるわけです。

  もちろん、綺麗なノートを作成することにより、
  記憶の定着率が高まり、復習が楽になったと
  いう人もいらっしゃると思います。

  しかし、多くの場合は、
  綺麗なノートを作成するだけで終わっているのです。

  もう一度考えてくださいね。

  ・目的(得たい結果)
  ・目的通りになったかどうかを確認する。

  この二つのことをしっかりと意識するだけで、
  勉強に対する考え方が変わります。

連想結合法:記憶術のやり方

「連想結合法」:記憶術のやり方
・連想結合法(リンク法)
 この記憶術のやり方は、覚えたい言葉をストーリー仕立ての連想でつなげていき、それをイメージとして覚えていきます。

 例えば「ワイシャツ→鬼→豆→ワシ→リンゴ」の場合は、「ワイシャツを鬼が着ると、小さくなって豆になってしまいました。豆をくわえたワシは、リンゴの家に持ち帰って食べました。」というふうに覚えていきます。

 奇抜なイメージを使うとより記憶しやすくなります。最初は2つの言葉の結合で練習し、3つ、5つと増やしていきましょう。

 連想が得意な人は意外に簡単にできる記憶術のやり方です。
タグ:記憶術

基礎結合法A:記憶術

記憶術、基礎結合法のやり方A

 以下、基礎結合法の記憶術の応用例です。

・建物の中にある物を使った基礎表

 自宅の中、学校の中、会社の中等、建物の中にある物で基礎表が作れます。
 家の中の場合、「チャイム→ドア→靴→靴箱→玄関マット→置物→スリッパ→廊下→スイッチ→絵画」といった具合に玄関にある物から順番に番号をふっていってみてください。

・通勤通学途中にある物を使った基礎表

 自宅を1番にし、道順にそって印象に残ったものに順番に番号を振り、基礎表を作ります。毎日その道を通ることで復習になります。

・その他の基礎表

 駅、バス停の順序、人名(五十音順にアは「明石家さんま」、イは「イチロー」というふうに覚える。歴史上の人物は歴史の暗記をする時紛らわしいので使わないほうがベターです)、十二支、指、曜日、等。

 記憶術、基礎結合法のやり方は参考になりましたか?
タグ:記憶術

基礎結合法@:記憶術のやり方

記憶術、基礎結合法のやり方@

・基礎結合法
 体の一部、家の中にある物、通勤通学途中にある物など、身近にある忘れない物を基礎にして、その基礎に覚えようとする物を順序通り結合させて記憶する記憶術です。

 やり方は、まず「基礎表」を作ります。
 例えば体の部分を使う場合、
「頭→ひたい→目→鼻→口→あご→首→肩→あばら骨→乳首→へそ→腹→股→尻→もも→膝→ふくらはぎ→足首→足の甲→足の指」
 といった具合にしておきます。

 次に覚えたいものを順に連想結合していきます。例えば、「コルク→木材→アルコール→水→鉄→銅→水銀」の場合、

・頭に手をあて、「頭に穴を開けてコルクの栓をする」状態をイメージする。
・次に、額に手をあて、「額を木材で殴られた」とイメージする。
・目に手をあて、「目の中にアルコールを注ぎ込む」とイメージする。
・鼻に手をあて、「鼻の穴に氷のかたまりを押し込む」とイメージする。
・口に手をあて、「口で鉄棒に噛み付く」とイメージする。
・あごに手をあて、「あごに銅線がぐるぐると巻かれる」とイメージする。
・首に手をあて、「首に水銀体温計が突き刺さる」とイメージする。

 という具合に覚えます。上記の基礎表の場合、自分の体だけだと記憶できる数は20個までですが、家族、友人等の体も使えば、覚えられる数をいくらでも増やしていけるという記憶術のやり方です。
タグ:記憶術

記憶術:記憶術のやり方

記憶術:記憶術のやり方

「絶対1年以内に司法試験に合格したい」 「あの大学に絶対合格する」と、いうような

○大きい目標を持っているあなた

「会社でTOEICテストを受けろ!と言われたけど昔覚えた英単語なんて全く覚えてない」
「勉強をやっても、やっても、テストになるといつも忘れてしまう」という

○基本的に勉強が嫌い!でも、やらなくてはいけないあなた

でも一番多いのは、
「あの時あの資格や試験を受けておけば人生変わってたなぁ〜」
「もっと記憶力がよかったらなぁ〜」と

人生を後悔しているあなた

などなどです。全国のたくさんのがこの方法で「記憶力」を簡単にアップさせ新しい人生をスタートさせているようです。

資格を63個取った男も使っている記憶力が3.7倍になる秘密を知りたい方は、こちら
タグ:記憶術

記憶術のやり方紹介@

記憶術のやり方紹介@

鈴なり式記憶法のやり方
 鈴なり式記憶法はマスターすれば、強力な記憶術になります。
 本一冊を丸暗記する場合でも、目次という大分類があって、各章の項目に枝分かれしていっているわけです。
 世の中に必要とされる勉強のほとんどが、系統だった「枝分かれ」したものであるので、鈴なり式記憶法を使えば、丸ごと覚えられるわけです。

連想結合法記憶術のやり方
 連想結合法はもっともポピュラーな記憶術です。
 記憶術と名のついた本なら、たいていやり方が載っています。
 連想結合法記憶術という名前は主に渡辺式での呼び名で、海外ではリンク・メソッドと呼ばれています。連結法、連鎖法などと読んでいるところもありますが、どれもやり方は一緒です。

 効果をすぐに試すことができるので記憶術の入り口にはちょうどいいでしょう。やり方を知れば、幼稚園児にもできます。(事実、七田チャイルドアカデミーの子供たちも使いこなしているそうです)

 
 これらの詳しい記憶術のやり方についてはおいおい無料で説明します。