↓↓もっとすごい記憶術はこちら

鈴なり式記憶術カテゴリの記事一覧

鈴なり式記憶術

鈴なり式記憶術

ツリー状に枝分かれしている事柄を基礎表として使うことで、系統図、分類表などを覚えることができます。

例・・・脊椎動物のホルモンを「デパート」の基礎で覚える場合

デパートの各部分に覚える項目を結合させていきます。

例えば以下のように覚えていきます。

・「デパート」で「内分泌腺」を売っている。
・「屋上」の店員の頭の前に大きな葉っぱが垂れている。(「脳下垂体前葉」を「頭(脳下)の前(前)に垂れた(垂体)大きな葉っぱ(葉)と変換)
・「食堂」のボーイの頭の中に大きな葉っぱがつまっている。(「脳下垂体中葉」を「頭の中につまった大きな葉っぱ」と変換)
・「オモチャ」のロボットの頭の後ろに大きな葉っぱがぶら下がっている。
・「工場」で「バッティング」をする。(「甲状腺」を「工場」に変換)
・「金魚」がどんどん成長し、タンパク質を合成しました。
・「ゲーム」で勝ったら乳腺を刺激し、乳が出てきた。
・「ソフトクリーム」のような生殖腺を刺激する。
・「機関車」で福神漬けを買いに行き、福神漬けで皮膚を刺激した。(「副腎皮質」を「福神漬け」に変換)
タグ:記憶術